リツェウム・アルピヌム・ツオツの寮生活

リツェウム・アルピヌム・ツオツ(Lyceum Alpinum Zuoz)では、12〜18歳の200名の寮生と100名の通学生が共に学校生活を送っています。
寮は性別や年齢別に、5つに分かれており、お互いに尊重し助け合いながら暮らしています。
 
低年齢の子どもたちの寮はアットホームな環境ですが、年齢が高くなるに連れて、それぞれが責任を持って行動しています。
中でもハウス・キャプテンは、寮生代表としてボーディング・チームに協力し、日々の寮生活を支援し、他の子どもたちを引っ張っていく存在にならなければなりません。
 
zuoz-2020boardinghouses
 
夜には、宿題のサポートも行われます。あまり良くなかったテスト結果だった場合、それを改善するための学習支援も行われるため、学術的な問題においても効率的だと言えるでしょう。
また特別なニーズがあれば、アレンジも可能です。
 
zuoz-2020boardinghouses01
 
部屋は一人または二人部屋で、二人部屋の場合、基本的には国籍の異なる子と一緒になります。週末には寮の仲間と一緒に楽しいアクティビティをする中で、どんどんと友情が芽生え、大きな家族のような存在になっていくでしょう。
 
リツェウム・アルピヌム・ツオツの正規留学について
リツェウム・アルピヌム・ツオツのウィンターキャンプについて
リツェウム・アルピヌム・ツオツのサマースクールについて
リツェウム・アルピヌム・ツオツの体験留学について

リツェウム・アルピヌム・ツオツ校 周辺の環境

リツェウム・アルピヌム・ツオツ校は、100年以上の歴史を有する伝統校で、スイスのリゾート地として有名なグラウビュンデン州のサンモリッツ近郊に所在し、その自然環境や学校からの眺めは圧巻です。
 
【サンモリッツについて】
サンモリッツは昔から温泉保養地として知られていましたが、ウィンタースポーツの聖地としても有名で、1928年と1948年には冬季オリンピックが、そして他にもアルペンスキーやボブスレーの世界選手権など冬季スポーツの世界大会が数多く開催されてきました。
 
1年のほとんどが晴天に恵まれているため、冬はスキー・スノーボード・ウィンターハイキングをはじめ、クロスカントリースキーにスピードスケート、フィギュアスケートやアイスホッケーなど、多種多様なスノーアクティビティが盛んです。
夏はハイキングはもちろん、ゴルフやマウンテンサイクリング、乗馬、カイトサーフィンやスタンドアップパドル、ヨットなど、レジャーの選択肢がとても豊富で、一年を通して大自然を満喫できます。
 
世界中から多くのVIP客が訪れるサンモリッツの街の中心には、豪華な5つ星のホテルやブティックが建ち並びます。
 
グラウビュンデン州についてはこちら

 
 
現在正規生としては12-19歳の子どもたちが学校生活を送っていますが、サマースクールには6~15歳(6~9歳は通学生のみ)のお子様が参加することができます。
 
正規留学先をお探しのご家族には、事前に学校見学をしていただくか、サマースクールなどの短期留学を経験していただくと、その学校の雰囲気がわかり、比較検討しやすいかと存じます。もし保護者様もお時間が取れるようでしたら、ぜひ一度スイスへ一緒にいらして、サンモリッツ観光も楽しまれることをオススメいたします。
 
こちらの動画では、校舎の様子や学校での暮らしを生徒たちが説明してくれています。

 
リツェウム・アルピヌム・ツオツの正規留学について
リツェウム・アルピヌム・ツオツのウィンターキャンプについて
リツェウム・アルピヌム・ツオツのサマースクールについて
リツェウム・アルピヌム・ツオツの体験留学について

デジタルラーニングとのバランスを模索する:リツェウム・アルピヌム・ツオツ

 
ドイツ語圏に位置するリツェウム・アルピヌム・ツオツ(Lyceum Alpinum Zuoz)では、12-19歳の子どもたちが学校生活を送っています。
 
今世界はかつてないほど速く進歩しており、アルゴリズム、人工知能、データ分析、機械学習などは新しい文化学習で、科学やビジネスそして社会を急速に変えていっています。
学校の最も重要な役割は、若者たちが将来の基盤をつくり、学習、ビジネス及び社会的責任を果たす準備をさせてあげることです。
 
2019年春、同校は初めてデジタルラーニングラボを実施しました。
起業、科学、プログラミングの外部専門家30人が世界から集まり、生徒たちは「未来の学校」のためのアイデアを考え、それを試験的に実施しました。
 

 
全生徒が自分のペースで学習するには?
修学旅行の経験をデジタルで共有するにはどうすればよいか?
授業に関するフィードバックをより有意義にするにはどうすればよいか?
などの問題点からアイデアを出し合いました。
 
同校では、ますますデジタル化する世界で、教育におけるバランスを実現するよう努めています。
つまり生徒たちはデジタルの未来に備え、テクノロジーの使用および形成ができる必要がありますが、同時に、あらゆる種類の教育に参加し、文化、自然、社会に根ざすことも学ぶべきだと考えます。
 
リツェウム・アルピヌム・ツオツの正規留学について
リツェウム・アルピヌム・ツオツのウィンターキャンプについて
リツェウム・アルピヌム・ツオツのサマースクールについて
リツェウム・アルピヌム・ツオツの体験留学について

リツェウム・アルピヌム・ツオツの進路指導

 
スイス有数のリゾート地として有名なサンモリッツ近郊に位置するリツェウム・アルピヌム・ツオツでは、12-19歳の子どもたちが学校生活を送っています。
 
卒業時には、国際バカロレア、国際バカロレア・キャリアプログラム、スイス連邦 マチュリテ、又はドイツ アビトゥーアを取得することができます。
 
今年10月上旬には「国際大学DAY」が開催され、世界中から60の大学が同校に集まりました。生徒たちは各大学の特色や将来可能な進路などの説明を受けることができ、とても有益な時間となったことでしょう。
 
Zuoz-CollegeCounselling-201910
 
これまでの卒業生は、スイス、ドイツ、オランダ、スペイン、英国、米国、カナダ、オーストラリアなどの大学へと進学しています。
 
進路指導は10年生から始まります。11年生には希望の大学が固まってきており、大学へ提出するエッセイの準備や面接の練習など、本格的な準備が始まります。
 
最終学年である12年生への進級時には、大学への出願に関連する作業に専念するため、1週間早く学校へ行き始めることもでき、手厚いサポートを受けることができるのです。
 
リツェウム・アルピヌム・ツオツの正規留学について⇗
リツェウム・アルピヌム・ツオツのウィンターキャンプについて⇗
リツェウム・アルピヌム・ツオツのサマースクールについて⇗
リツェウム・アルピヌム・ツオツの体験留学について⇗

アルプスの山々に囲まれ学業とスポーツに励める寄宿学校・ツオツ校

 

先日もウィンターキャンプについてご紹介した、スイス・グラウビュンデン州ツオツにあるリツェウム・アルピヌム・ツオツ(Lyceum Alpinum Zuoz)校を今回は動画でご紹介いたします。
 

同校は1904年に設立された歴史ある学校で、スイスのドイツ語圏にあります。
 
学校がアルプスの山々に囲まれたリゾート地として有名なサンモリッツ(St. Moritz)近郊にあり、自然も多く、子どもたちの学習環境には最適です!
 
12〜18歳の200名の寮生と100名の通学生が共に学校生活を送っています。
 
また、スポーツも盛んで、多種目のスポーツが学校で提供され、スイス国内外のチームとの親善試合やトーナメント試合に参加しています。
 

 
リツェウム・アルピヌム・ツオツでは、正規留学以外にも、短期留学としてサマースクールとウィンターキャンプも提供しております。ご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。