円安への対策になる!?知っておきたい留学費用が非課税になる制度

4月29日のアジアの外国為替市場では円安がさらに加速して、約34年ぶりに1ドル=160円台に達する場面があり、市場は神経質な状況が続いています。円安はスイスフランに対しても同様の傾向です。
 
スイスは物価の高い国として知られていますが、日本から留学を検討されるご家族にとっては、円安の影響でさらに物価高を感じることになります。
 

留学費用が非課税になる制度

そこで、今回は留学費用を少しでも節約できる方法をご紹介します。
 
留学に係る教育資金は高額になりますが、親や祖父母から子や孫への「教育資金」を非課税で贈与できる制度、「教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置」を活用して節税できることをご存知ですか?
 
この制度は、30歳未満の子や孫が直系尊属から教育資金の一括贈与を受ける場合に最大1,500万円まで非課税になる制度で、「正規留学」にも適用することができます。
 
この制度を利用すれば、留学に関わる費用のうち最大1,500万円(入学金、授業料、指導料、滞在費、渡航費等)まで、非課税の恩恵を享受できます。
 
詳しくは契約されている金融機関や税理士・税務署にご相談・ご確認ください。
 
JFK周辺

弊社サポート料金の分割払い

また、弊社では、弊社サポート料金の分割払いもお受けしていますので、ご希望される方はお気軽にご相談ください。
 
スイス留学.com のサポート
スイス留学.comでは、正規留学中などのお子様の現地サポートの他にも、スイスのボーディングスクールの視察訪問を希望されるご家族のために、 訪問予約(無料)や訪問同行(通訳含む) のご依頼も承っております。
 
お子様のスイス留学にご興味がある方は、弊社までお気軽にお問合せ下さいませ。