スイスの低年齢向け寄宿舎、ラ・ガレン訪問レポート

 

3歳から13歳まで子供たちが寮生活をしながら学業、課外活動に励むインターナショナルボーディングスクールのラ・ガレンを昨日訪問してきました。

 

弊社は、お世話するお子様を毎学期訪問して、お子様の様子をご家族にご報告しています。
【スイス情報.com】のTwitterでご覧いただけるように、スイスの平野部では霧が多く発生していましたが、ラ・ガレンのあるアルプスは、標高が高く霧の上に位置するため、素晴らしい晴天でした。

 

【スイス情報.com】のTwitterでご覧いただけるように、スイスの平野部では霧が多く発生していましたが、ラ・ガレンのあるアルプスは、標高が高く霧の上に位置するため、素晴らしい晴天でした。

 

20151207_LaGarenne_Sunny

 

 

【スイス情報.com】の2015年12月7日のTwitter
https://twitter.com/SwissJoho⇗

 

10時半に学校を訪問し、職員の方とお世話させていただいているお子様の様子をお聞きし、体育の授業を見学に近くのスポーツセンターに連れて行ってもらいました。

 

テニスのプライベート、セミプライベートレッスンを希望されている生徒は、上の階のテニスコートで、絶景を望みながらのテニスレッスンを受け、他の生徒さんは、鉄棒のテストを一人ずつ受けているようでした。

 

20151207_LaGarenne_Tennis

20151207_LaGarenne_PE

 

 

 

その後、学長、職員、そして、お子様と共に、学校のカフェテリアでお食事をいただきました。

 

ラ・ガレンには、3歳からの寮生・通学生がいて、お昼は、写真のようにスタッフが付き添いでお食事をしています。

 

20151207_LaGarenne_3yoLunch

 

 

この日の昼食メニューは、子牛のお肉に、ご飯と野菜炒め。

 

20151207_LaGarenne_JP_Lunch

 

 

通常のスイスメニューでないことがお分かりですか?

 

スイスで料理されるお米といえば、リゾットかバターをあえてあるパサパサした料理ですが、昨日のご飯は、水分を十分に含んだ白米のみでした。

 

スイスで見慣れているご飯料理とは違うなと思っていると、学長が、「今日は、貴子が来るから、料理長に日本風の白米と食材を料理するように伝えておいたんだ」とおっしゃりました。

 

なるほど!

 

副菜の野菜炒めには、きくらげともやしが使われていて、サラダバーには茹でもやしがありました。

 

20151207_LaGarenne_SaladaBar

 

言われるまで「日本風」にしてくれたと気づかなかったですが、学長の遊び心に和み、気遣いが嬉しかったです。

 

 

昼食後は、晴天の中、駆け回る生徒、おしゃべりをする生徒、それぞれに午後の授業前の時間を楽しんでいました。

 

20151207_LaGarenne_Playground

 

休憩時間も終わるころ、お世話しているお子様のお友達が絵のプレゼントをしてくれました。

 

20151207_LaGarenne_Drawing
猫になった私です。

 

すらすらっと、数分でお描きになりましたよ。

 

お世話しているお子様も、お話しさせていただいた他の日本からの留学生も、また、諸外国の子供たちもラ・ガレンでの学校生活を楽しんでいました。

 

また来年、お会いするのが楽しみです!

 

 

ラ・ガレン校紹介ページ⇗

 

 

お子様の留学を漠然とお考えなら、まずは、お問合せから。スイス留学についてお問合せ

 

スイスサマーキャンプについて、正規留学について、
下記の一つにでも当てはまるなら、カウンセリングをご予約くださいませ。

 

  • ・入学したいスイスのボーディングスクールがほぼ確定している
  • ・スイスのボーディングスクールを決めかねている
  • ・スイスのボーディングスクールの申し込みのアシスタントをして欲しい
  • ・お子様がスイス留学中、スイス現地でサポートをして欲しい

 

スイス留学のカウンセリング予約

 

 

スイスからスイスのこと、ボーディングスクールのことなど発信しています。

カテゴリー: ラ・ガレン, ラ・ガレン, ラ・ガレン, 新着情報 パーマリンク
≪  |  ≫