ラ・ガレン

標高1,300mのスイスアルプスの中に位置するラ・ガレンは、伝統的なシャレーの校舎が徒歩圏内に立ち並ぶ学校です。常に「進化」している学校の一つで、2019年度からは、MYP(国際バカロレアのミドルイヤープログラム)のYear10がスタートし、2021年夏からIB(国際バカロレア)取得を目指すシニアスクール部門が始まります。2021年1月には本校から少し離れたヴィラールのスキーリフト場近くに施設Le Rocがシニア寮として改修オープンしました。メアン理事長とラ・ガレン卒業生のご夫人は、校舎近くに居を構え、自身の子育てもしながら学校を運営しており、とてもアットホームな学校環境です。今後は、規模の拡大とともにより洗練された環境になっていくことでしょう。

ラ・ガレンでは、5歳からの児童受け入れていますが、より低年齢のお子様の入学や学期途中での参加も都合により認められる場合があります。また、低年齢のお子様を受け入れていることもあり、親元を離れた生活が快適になるようお子様たちとのコミュニケーションに力を入れている他、児童生徒2人に対し、スタッフが1人の割合で配置されており、お子様一人ひとりに対するきめ細かなケアが提供されています。

学校のカリキュラムは、IPC(英国のナショナルカリキュラムをベースに作られた初等教育プログラム)、MYP、IBが提供されており、授業では主に英語が使われますが、フランス語とのバイリンガル教育を目指していますので、特に寮生活ではフランス語の使用を促されます。この他、日本語能力の保持、向上にもとても協力的です。2週間からの体験留学や夏季にはサマースクール、冬季にはウィンターキャンプが開催され、山中にありながらも世界中から子供たちがやって来ます。

学校訪問に便利なホテル一覧はこちら