高年齢の正規留学ご検討時のポイント!

 
中学生・高校生からの留学では、将来的な大学や進路のことも考えながら学校を選ばなければいけないので、弊社でも慎重にカウンセリングをさせていただいております。
 
特によくお話しさせていただくことが多いのが、以下の3つの点についてです。

 
【英語力について】
学校にもよりますが、「英語力ほぼゼロ」での受け入れが可能なのは、一般的に、8学年(中学2年生)頃まで。
それ以降は、学年が上がるにつれ、求められる英語力が高くなるので注意が必要です。
特に、IBを目指す場合は、入学段階で高い英語力が求められます。最近では、ロゼ、エイグロン、ボーソレイユといった人気校への出願において、英語力が原因で残念ながら不合格となってしまったケースがございました。これらの学校は求められる英語力のハードルがさらに高くなりますので、早めにご相談くださいませ。
 
【IBを目指すべきか】
IBを目指すか否かによって、学校選びも留学中の過ごし方も大きく変わってきます。
IB資格を取りさえすれば良い大学に入れる、とお考えのご家族も多いようですが、必ずしもそうではありません。IBは英語を母国語とする生徒が取り組む場合にもかなり難関とされているカリキュラムですし、最終的に良い点数が取れなければ、進学できる大学も限られてしまいます。
 
IB以外の資格であっても最終的に同じ大学に辿り着くこともありますし、目指す大学・国によってはIB以外の選択肢の方が良い場合もございます。
 
【留学開始のタイミング】
前述の項目とも関連しますが、IBを目指す場合は7~8学年から開始、一番遅くて9学年(中学3年生)からの開始が理想的です。
中学卒業後のタイミングでの留学を検討されるご家族も多くいらっしゃいますが、10学年(高校1年生)からの留学開始でIBを目指す場合、英語力が足りないと、1学年下げる(9学年生への編入)ことが入学の条件になるケースが多くございますので、ご留意ください。
 
IBを目指さない場合は、もう少し余裕をもって考えていただくことが可能です。
留学を通して何を目指したいのか、高校卒業の段階で何を達成しておきたいのか、をうかがいつつ、候補となる学校と個別相談をし、最善の選択肢を検討させていただく流れとなります。
 
====
※IBとは:
国際バカロレア(International Baccalaureate)の略で、多様性や国際力、思考力を身につけさせるためのカリキュラムです。11、12学年でIBディプロマ・プログラムを修了すると、国際的に認められる大学入学資格を取得することができます。
====
 

弊社では、一人ひとりの「お子様に合った学校」をご紹介することを目標に、丁寧にカウンセリングを実施しております。これまでサポートをさせていただいたお子様のケースや、各校の大学進学カウンセラーの先生方からいただいている助言を踏まえ、いろいろなご相談にお答えさせていただくことが可能ですので、ぜひ私共の無料カウンセリングをご活用くださいませ。

 
 【冬季休業のお知らせ】
 
誠に勝手ながら、スイス留学.comは2021年12月23日(木)~2022年1月3日(月)まで、休業とさせていただきます。
 (ウィンタースクールご参加中のお子様や正規留学を開始されるお子様のサポートは、個別対応しておりますので、ご安心ください。)
休業中のメールやお問い合わせは受け付けておりますが、1月4日(火)より順に返答させていただきます。
 
また、2022年のウィンタースクールや4月からの正規留学をご検討中の方は、冬季休業前、お早めにお問い合わせいただけると幸いでございます。