インスティテュート・モンタナ・ツーゲルベルクを動画でご紹介

 
インスティテュート・モンタナ・ツーゲルベルグ校は、人道家として第二次世界大戦・欧州戦線の終結にも貢献したマックス・フスマン氏によって1926年に設立されました。
今でもその設立精神を受け継ぎ、生徒一人ひとりの個性を磨きながらも多様性や平和、相互理解を重視した教育を提供しています。

 

地元の通学生も多く、小学校はバイリンガル教育が実施され、7学年目以降はインターナショナル・スクール(主要言語:英語)とスイス・ギムナジウム(主要言語:ドイツ語)に分かれます。また、モンタナ校は、スイス国内で一番早くに国際バカロレラ(IB)プログラムを取り入れた学校であり、経験豊富な教師陣がIBプログラムを教えています。
 
5-7学年生を対象とした英語集中コース(ケンブリッジ・ファウンデーション・イヤー)では、午前中は語学学習、午後は英語レベルに合わせた科目授業を受けつつ、他の生徒と一緒に体育やアクティビティに参加し、時間をかけながら英語力の強化に取り組むことができるため、英語やドイツ語の知識が全くないお子様でも安心して学習に取り組むことができます。
 
来年は安心してスイスの短期留学にもご参加いただけることを、スタッフ一同願っております。
【過去のサマースクール の様子】

 
インスティテュート・モンタナ・ツーゲルベルクについて⇗
インスティテュート・モンタナ・ツーゲルベルクのサマースクールについて⇗

インスティテュート・モンタナ・ツーゲルベルク 2021年サマースクール日程

 
スイス・ドイツ語圏に位置するインスティテュート・モンタナ・ツーゲルベルク。
サマースクールでは、午前中の手厚い語学レッスンに加え、午後には環境を活かしたスポーツアクティビティ、さらにはビジネス&リーダーシップ、科学&テクノロジー、創作&アート等、興味深いプログラムから選択することができます。

 

2021年サマースクール日程は以下の通りです。
 
【開催期間】
 2021年7月18日(日)〜7月31日(土)
 
【参加期間】
 2週間
 
【対象年齢】
 10~15歳
 
【参加形態】
 寮生(今年に限りコロナ対策のため通学生は受け付けておりません)
 
【学習可能言語】
 英語またはドイツ語
 
午前中は、語学学習の時間として、英語又はドイツ語を学びます。1日4時間、週に5回の授業が行われます。全ての参加者の個々のレベルにあった学習機会を提供するため、授業は少人数制のクラスで実施されます。
参加者の年齢と語学レベルに応じ、適切にクラス分けをするため、初日にテストがあります。
 
週末には、スイスやその周辺について知識を深めるための1日観光(デイトリップ)や社会科見学があります。社会科見学には、チューリッヒ観光、スイス・サイエンスセンター・テクノラマ訪問、スイス交通博物館訪問やライン川観光(シャフハウゼン)などが含まれます。
 
今年は新型コロナウイルスの影響で、提供されるアクティビティが異なる可能性があることをご了承ください。
 
インスティテュート・モンタナ・ツーゲルベルクについて⇗
インスティテュート・モンタナ・ツーゲルベルクのサマースクールについて⇗

2019年サマースクールツアーの様子を動画でご紹介いたします

 
2019年7月に弊社で主催した「日本ースイス往復渡航同行 サマースクールツアー」の様子を動画でご紹介いたします。
 
直行便がある成田空港でご家族からお子様をお預かりし、搭乗から機内でのケア、到着後の入国手続きや荷物の受け取り、学校送迎との待ち合わせから入寮まで、一貫してスタッフが引率するパッケージツアーです。

第一日目は、成田空港からスイス・チューリッヒ空港までの旅の道中。
 

約12時間のフライトもお友達と一緒に旅することでリラックスして過ごせたようです。
 
2019年のサマースクールツアー開催校は、スイスのドイツ語圏にある「インスティテュート・モンタナ・ツーゲルベルク」でした。


 

第二日目、渡航・入寮から一夜明けた翌日、サマースクール実質初日の朝食と英語授業、昼食の様子です。


 
最終日は、教員や児童生徒が集まり、プレゼンテーションや出し物を披露する発表会が行われました。
 

 
2020年のサマースクールツアーでは、「インスティテュート・アウフ・デム・ローゼンベルク」または「リツェウム・アルピヌム・ツオツ」にご案内いたします。
 
インスティテュート・モンタナ・ツーゲルベルクについて⇗
インスティテュート・モンタナ・ツーゲルベルクのサマースクールについて⇗