インスティテュート・モンタナ・ツーゲルベルクのサマースクールを訪問してきました!

 
インスティテュート・モンタナ・ツーゲルベルク校のサマースクールは、7月中旬から8月中旬まで1か月間開催され、前半か後半の2週間、または4週間参加することができます。
 
今年は全期間での参加者は56名、内1名が日本からの参加者であったとのこと。
まだ日本のご家族には知名度の低いサマースクールではありますが、素晴らしい自然環境の中、「スイスならでは」の経験を意識したアクティビティやプログラムが用意されていますので、日本語を全く話さない環境で自分の英語力を試したいお子様にはお勧めです。
 

 
モンタナ校は標高約1000mのツーゲルベルグ山の上に位置しており、景色も最高で、自然にとても恵まれた環境です。
 
学校の建物からはツークの町と湖を見渡すことができます。
 

 
その反対側にはツーゲルベルグ山にある数多くのハイキングコースや学校のサッカーフィールドが広がっています。
 

 

撮影不可とのことで、残念ながら写真はないのですが、サマースクール訪問時には語学学習の時間を見学させてもらいました。
 
クラスはレベル毎に分けられ、初級レベルのクラスでは「休暇中のアクティビティ」についてディスカッションがされている最中でした。中級クラスに参加しているスペイン人の男の子は、この2週間での努力が認められ、後半2週間のセッションでは上級クラスに昇格することになったと嬉しそうに話してくれました。
 
休憩時間中は皆建物の外でリラックスしながら過ごしていました。

 

 
天気の良いこの日の午後にはツークの町まで下山ハイキングをし、ツーク湖で水泳をしたようです。

 

この他、ベルンやチューリッヒといった大都市にも近い立地を活かし、スイス主要都市訪問や美術館の訪問も組まれており、毎日いろいろなアクティビティを体験することができます。
 
アーミーナイフで有名なスイス・ビクトリノックス社に訪問して参加者一人ひとりがオリジナルのアーミーナイフをデザインするプログラムは生徒にも大人気だったようです!

 
最後に、こちらは1906年ミラノ万博の際にスイスのパビリオンとして使われたシャレーです。
 

 
現在ではモンタナ校がその建物を譲り受け、学校施設のひとつとして活用しています。
歴史を感じさせるとてもかわいらしいシャレーですので、モンタナ校を訪問される際には是非お見逃し無く!

 
インスティテュート・モンタナ・ツーゲルベルクについて⇗

インスティテュート・モンタナ・ツーゲルベルクのサマースクールについて⇗

世界中に友達ができました!
スイスのサマースクールには、世界から約100か国の子どもたちが集います。
大自然に囲まれ、4歳から参加できる国際交流の場を体験してみませんか。
≫2018年サマースクール詳細

 

スイス留学についてお問合せ

 

スイス留学のカウンセリング予約

 

mailletter

カテゴリー: インスティテュート・モンタナ・ツーゲルベルク, インスティテュート・モンタナ・ツーゲルベルク, 新着情報 タグ: パーマリンク
≪  |  ≫